ZUPPEについて

「おあいこさま」の未来づくり ZUPPE

ZUPPE(ずっぺ)は新潟県三条市の方言で「おあいこ」や「おたがいさま」という意味があります。
三条ベースの2Fには週末になると「不用品を持ち込む人」と「不用品を欲しい人」が訪れます。
持ち込まれるモノは食器や衣類、文房具、キッチン用品、書籍、生活雑貨などなど多岐にわたります。
商品はすべて「無料」なので、中学生、高校生から家族連れ、高齢者に至るまで幅広い年齢層が利用します。
この活動は、2018年からはじまりもう4年目になりました。今では全国に活動が広がっています。

「貧困格差」を理めるまちづくりが
必要な現代社会

今、わが国の実に7人に1人の子どもが貧困状態にあるといわれています。この日本における「子どもの貧困」とは「相対的貧困」のことを指します。
相対的貧困とは、その国の等価可処分所得(世帯の可処分所得を世帯人員の平方根で割って調整した所得)の中央値の半分に満たない世帯のことを指し、子どもの貧困とは相対的貧困にある18歳未満の子どもの存在及び生活状況のことを指します。
こういった子どもたちは、毎日の衣食住に事欠く「絶対的貧困」とは異なりますが、経済的困窮を背景に教育や体験の機会に乏しく、地域や社会から孤立し、様々な面で不利な状況に置かれてしまう傾向にあります。

バーターストアという新しい「仕組み」の誕生

こうしたなか、NPOやまちづくり団体、自治体などでは「子ども食堂」や「制服バンク」などの活動を各地で行っています。
バーターストアZUPPEはそんな「貧困対策」をイベントではなく、生活必需品を「まちぐるみの橋渡しの場」を設けることで定期的に安定供給する仕組みです。現在では岐阜県、兵庫県で活動が広がって各地のZUPPEが立ち上がっています。
本サイトでは、この活動を自活で持続させるために、持ち込まれた品物の一部をZUPPEの運営費に充てさせていただくために良品を選定し販売しております。私たちの活動にご理解とご協力を賜れましたら幸甚です。

循環型社会研究店舗 ZUPPE

所在地 〒955-0044新湯県三条市田島1-17-9
アンドオン三条ベース2階ナノブランドストア内
営業時間 土曜日、日曜日11:00~18:00
【ZUPPE規約】
ZUPPEは物品を不要になった方から必要な方への橋渡しの場です。
下記の内容をご理解いただき、趣旨にのっとった利用をお願いします。
①転売目的での利用は固くお断りします。
②使用不能になった廃品の持ち込みは固くお断ります。
  例:機能しない家電 音、映像の出ないメディア 等
     (衣類に関してはウエスとして使用可能出来ますのでその限りではありません)
③銃刀法に反するもの、もしくはアダルト商品類などはお受けできません。
④ZUPPEで求めた商品の使用後の返品は可能ですが、使用不能の場合はお受けできません。
⑤商品は持ち込みでお願いします、大型商品の引き取りも行っておりません。
⑥持ち帰られた物品の品質保証はありませんのでご了承ください。
⑦マナーの悪い来場者は立ち入りを禁止させていただきます。
⑧規約は健全な運営を保つため断りなく変更する場合がございます。
【利用方法】
ZUPPEでは使用可能な不用品(使用感の激しいものは引き取り不可)を持ち込む。
陳列されている欲しいものは持って帰るだけの完全無料のバーターストアです